豊中市桜の町の動物病院なら アルファ動物病院

アルファ動物病院

〒560-0054 大阪府豊中市桜の町1-3-16

06-6840-0456

2020.01.30
猫の急性炎症の検査(SAA:炎症マーカー)が院内で測定できます。

動物の病気は自覚症状を発信してくれないため、オーナー様が異常に気付くときはかなり病状が進行していることが多いです。何らかの異常で来院されるクライアントの多くは急性の炎症を伴っており、人間も含め犬では急性炎症の有無の判断としてCRP(C反応性タンパク)を測定します。通常CRPは血液中にはほとんど存在しませんが、炎症により急激に増加します。ところが、猫の場合、CRPは急性炎症がおきても変化しません。今までは白血球の測定で炎症があるかないかを判断していましたが急性・慢性の炎症の違いは判りませんでした。

猫では、急性炎症で血清アミロイドA(SAA)が急性炎症で上昇しますが従来外注検査でしか測定できないため、迅速診断には用いることができませんでした。

今回、富士フィルム様より、院内でSAAの測定が可能となる試薬が販売されましたので当院では本日よりSAAの測定も開始しました。愛猫ちゃんに突然の異常があった場合はすぐにご連絡ください。

 

Copyright © Alpha Animal Clinic All Rights Reserved.